So-net無料ブログ作成
検索選択
再掲(過去の記事) ブログトップ
前の10件 | -

クサノオウ [再掲(過去の記事)]

今の時期、里山は特に黄色の花が多いようです
ヘビイチゴ、ツチグリ、菜の花類にウマノアシガタ・・・
その中で特に鮮やかな黄色の花が目立ちます
ケシ科の草の黄(クサノオウ)です
葉や茎から出る黄色い液(有毒)からの名前ですが
その姿が良くて草達を代表する王という説も聞きました(2004.4.30)


日本桜草・花車 [再掲(過去の記事)]

これは日本桜草の花車という品種です
自分のサイト名と同じなので大切に育てていますが
丈夫なようで貰った時より増えてきました
この名は植物の名前にけっこう使われているように思いますが?

サイトの「花車」はカタログで見た雪割草の品種です
今年専門店で見ましたが地味な感じで、少しがっかり
でもとても高い花なんですよ(2004.4.29)


浜名湖花博 [再掲(過去の記事)]

22日はは朝から快晴で途中の高速の休憩所も混んでいました
9時半の開園を9時と勘違いをして早く出てきましたが
浜名湖を眺めながらゆっくりきたので到着は10時頃でした
下調べはしてないので、地図を貰って一回りする事にして
目に付いた立体庭園から見始めました
「花みどり未来館」から「花の丘」、ワールドガーデンコンペティションはどれも花の競演できれいなものです
「国際花の交流館」を見て、「園芸文化館」です
雪割草と桜草は終わっていて藤や躑躅、細辛の展示でした
ここは14期まで展示が入れ替わりますので要注意
「百華園」は凄い花の量で圧倒されます。季節毎に綺麗でしょうね

「自然観察園」は浜名湖の水際まで行く事が出来ます
沢山の庭、「国際庭園」等を見ながら花の街まで戻ってきました

淡路花博は行きませんでしたが、大阪鶴見花博は近くて
(その頃は奈良住)何度も通いました
その時は見る花全てが初めて見るという感じでしたが、
今回はそんなに珍しいと思う花は少なかったように思います
でもまだまだ見てないパビリオンもありますので
何回かは行くでしょうね!
画像は「きらめきタワー(2004.4.22)


ネコノメソウ [再掲(過去の記事)]

淡墨桜のすぐ下の道沿いに鮮やかな黄色が目に付きました
(画像では色が出ていませんが)
これがネコノメソウのようで、ヤマネコノメも咲いていました

以前、高知の方からハナノコノメと言うシロバナネコノメや
本当に小さなコガネネコノメソウを貰った事があります
山の中でこんな花を見つけるのは大変だと思ったものです
日本にはネコノメソウ属は14種があって
花後の種子の様子が猫の目に見える事からです


根尾谷の淡墨桜 [再掲(過去の記事)]

念願の淡墨桜を見てきました!!!

もう一つの道だった為か渋滞も無くて、川岸に見える白い花は
一輪草?とのんびりムードで目的地へ向かいました
道沿いにはスミレが群生していたりしていました
根尾村の桜は咲いているのもありましたが、まだ蕾も多くて、
目的の桜は早いかと思っていましたが、結構満開近しでした。
宇野千代さんを連想する為でしょうか、優しい印象の桜です
もちろん周りは人がいっぱいですが、あまり騒がしくもなく
大人の雰囲気で桜を楽しんでいる感じでした
久しぶりにござをひいておにぎりなど食べてきました
辺りは淡墨公園となっていて桜が沢山植えてあって
散策路を行きながら自然を楽しんだりできるようです
もっと詳しく知るなら桜資料館がありました
淡墨桜の特徴は(彼岸桜・エドヒガン)
蕾の時は薄いピンクで満開時は白色、そして淡い墨色になります(2004.4.7)


カタクリ(鳩吹山) [再掲(過去の記事)]

野の花のイメージに比べ華やかですがこれも自然の花です

よく通っている可児の花木センターの近くに鳩吹山があります
故郷の近くでカタクリの自生地がある事を知ったのは
一年前のことです。遠く奈良からはるばるとやってきたのに
一輪も咲いていませんでした。丁度今頃でした
そんなこんなで三度目にして満開のカタクリに出会いました
平日というのに大勢の人が見にくる程の凄い花々です
29日は天気も良くて絶好の日和でした(2004.3.30)


枝垂れ梅 [再掲(過去の記事)]

四日市に寄ってから時間があったので
足を伸ばして津市まで行って来ました
結城神社の枝垂れ梅は有名で、一度と思っていました
今日は絶好の花見日和ですごい人出です
広い駐車場の他にも臨時が作ってありました

普通の梅もありますが境内は枝垂れが殆どで
いろいろの色と種類も幾つかありました
住んでいた奈良にある梅の名所は見てきましたが
枝垂ればかりというのは初めてです
満開の木も多かったですが、蕾状態のもありました
まだまだ楽しめそうな様子です(2004.3.10)


黒法師の花(多肉) [再掲(過去の記事)]

多肉植物の黒法師はお店でもよく置いてありますが
花付きは見たことが無かったんです
フェスタサボテン室で大株に咲いていました
これくらいに成長しないと花は付かないでしょうか?
けっこう数を咲かせていました
(2004.2.2)


オトンナ ケーペンシス(多肉) [再掲(過去の記事)]

多肉植物の一種でしょうか
私は初めて見たので、まだ新しいものなのでは?
割と小型できれいな黄色の小花をいっぱい咲かせていました
買ってから少し経ちましたので、花数は減ってきました
大事に部屋の中に置きましたが、肉厚の丸々葉っぱは
寒さには弱そうな感じです。このまま育てば増やせそうですが・・
600円ぐらい

ラベルの説明は
南アフリカ原産のキク科
黄色い小さな花を次々咲かせますが
気温が低いとしぼんでいます
窓辺などの明るい場所に置くこと
咲き終わった花は、まめに切り取る(2004.1.25)


茜の塔(多肉) [再掲(過去の記事)]

新しい花ではありませんが、多肉植物のクラッスラです
昨年から多肉類に突然目覚め?まして
いろいろ集めているところです
とにかく小花好きなので、これは一目見た時から
欲しくてたまらない多肉でした
なかなか売ってなかったんですが、時々行く花木センターで
この前見つけて即買ってきました
塔という感じが出ていますね!(2004.1.15)


前の10件 | - 再掲(過去の記事) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。